国際線で羽田空港に到着後税関を終えてロビーを出て左側にTIATシャワールームがあります。料金がかかりますがJALとANAの国際線で当日到着した一部の搭乗者は無料で利用できます。到着後の休憩やシャワーを使って身支度をするのにラウンジを利用するのは便利ですね。

JALの場合はファーストクラス+同行者1名、ビジネスクラスの利用者、JMBダイアモンド・JGCプレミア・JMBサファイア・JALグローバル会員+同行者1名の方は無料で利用できます。

ANAの場合はファーストクラス+同行者1名、ビジネスクラスの利用者、ANAダイアモンド・プラチナ・スーパーフライヤーズカード会員+同行者1名は無料になります。

全15室でタオル、シャンプー、リンス、ボディソープ、ドライヤーは無料で使えます。歯ブラシ、カミソリ、洗顔セットは有料商品になります。シャワールームはひと部屋ずつ区切られており、1名利用すると清掃が入ることになっており、とても清潔に用意されています。現地初夜の便で早朝に帰国された場合など、利用する価値がありそうです。30分1,030円かかりますが、ドリンク一杯無料券がついています。隣の喫茶ブースで好きな飲み物を選ぶことになっています。清潔で、利用価値が高いので、リピーターが多いのも頷けます。

羽田空港のラウンジで使えるカードについて

ラウンジの需要の増加に伴って飛行機の搭乗前の空き時間を快適に過ごすことができる専用のラウンジを設置している空港が増加傾向にあります。

羽田空港にも数種類のラウンジが用意されていて、利用者が目的に応じて使い分けをすることが可能です。そんなラウンジの利用をする上で精算時に使用できるカードの種類を気にする人も少なくありません。

国際線も運航している羽田空港のラウンジは数多くのカードに対応しているのが特徴で、その中でも比較的利用者が多いのがJCBカードです。海外でも使用できることで知られるJCBカードは、ゴールド会員であれば専用のラウンジを無料で利用できます。

無料で利用できるという点でJCBと共に人気が高いのがVISAカードです。羽田空港の専用ラウンジはソフトドリンクはもちろん、アルコールやシャワーなどサービスが充実していて、子供から大人まで快適に過ごせるのが魅力になります。ただし、一部サービスは有料となっているので注意が必要です。

そのほかにも、日常生活の買い物でも気軽に使えることで所有者も多いエポスカードやイオンカードなども利用することができます。ただし、ラウンジの中にはこれらのカードを所有していても利用に特別な条件が定められている所もあるので事前に確認をしておいた方が良いと思います。